ニュースリリース

【ライブ配信:ストレスチェックと職場改善】コロナ禍のストレスチェック結果から紐解く若手社員への支援

ピースマインドが企業向けに提供するストレスチェックのうち、約26万件の最新のデータからコロナ禍における特徴的な傾向をお伝えするとともに、具体的な事例を交え、効果的な職場改善活動をご紹介いたします。

21-10-15_コロナ禍のストレスチェック結果から紐解く若手社員への支援.jpg


当セミナーでは、コロナ禍のストレスチェック結果を紐解きながら、新型コロナウイルスをきっかけに生じた変化や、新しい働き方への対応について、事例を交え、紹介いたします。ストレスチェックをより効果的に職場改善につなげていくための方法として、働く人や組織へのアプローチ方法を考察します。

弊社EAPサービスの相談でも、昨今コミュニケーションに関するお悩みが多くなっております。新型コロナウイルスの蔓延をきっかけにリモートワークをはじめとした、新しい働き方への対応が求められる中で、管理職が部下をどのようにマネジメントしたらいいのか、どうしたらチームメンバー間のコミュニケーションが安心かつ活発に行えるようになるのか、弊社コンサルタントが携わってきたケースを踏まえて、新しい働き方に対応するための、職場改善活動の事例をご紹介します。

特に下記のようなお悩みをお持ちのご担当者様必見です!

● 在宅勤務が始まりいろいろな影響が出ていると思われるので、データで把握して職場改善につなげたい
● 職場改善で取り組むべき課題はいろいろあるが、何から優先的に着手すべきか迷っている
● 新しい働き方への対応に関して、ヒントがほしい
 

<詳細情報>
日時:10月15日 (金) 16:00~17:00
会場:WEBセミナー(オンライン)
講師:ピースマインド株式会社 松崎 亮介(マツザキ リョウスケ)、清水 計法(シミズ カズノリ) 
受講費:無料
受講対象:管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、事務・総務

<プログラム>
1.コロナ禍におけるストレス傾向~2020年度ストレスチェック結果をもとに~
2.特徴的な年代とその傾向
3.コロナ禍で増える相談事例のご紹介
4.効果的な職場改善施策とは?
5.質疑応答

※セミナー内容は一部変更となる場合がございますので予めご了承ください。
※Zoomを使用しての開催となります。Zoomをご利用いただけない方にはYouTubeのURLをご案内いたします。

<講師紹介>
松崎 亮介(マツザキ リョウスケ)
大学院修了後、臨床心理士として教育、医療、産業の各領域において研鑽に励む。ピースマインド株式会社では、EAPコンサルタントとして、従業員のメンタルヘルス向上と職場のパフォーマンス改善のためのEAP業務全般に従事している。
資格:公認心理師、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士、精神保健福祉士
専門分野:不調社員、職場不適応社員対応、休職・復職支援、職場のハラスメント対応

清水 計法(シミズ カズノリ)
大学院修了後、ピースマインド株式会社に入社。大学院では社会心理学(集団力学)をベースに人の倫理観に関する研究を行う傍ら、専門学校と短期大学で講師を務める。それらの経験を活かし、現在はストレスチェック・EAPデータの分析を通じたコンサルティング支援、ソリューションツールの開発、メンタルヘルスに関する研究活動を行っている。
専門分野:社会心理学、集団力学、統計解析

<お申込>
参加をご希望の方は、以下申込フォームからお申込みをお願いいたします。
お申し込みはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<セミナーお問合せ先>
ピースマインド株式会社 セミナー事務局
TEL:03-3541-8656
お問い合わせフォーム
メール:grp_seminar@peacemind.co.jp
セミナー事務局 担当:山田 穂野花
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お問い合わせ