ニュースリリース

EAP(従業員支援プログラム)のピースマインド 総合商社大手、丸紅株式会社の社員を対象にEAPサービスを提供

~ 丸紅株式会社の社員 約3,600人を対象に2006年12月より ~

 

 メンタルヘルスサービスを提供する株式会社ピースマインド(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻原 国啓、以下ピースマインド)は、丸紅株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣 宣夫、以下 丸紅)から、丸紅の社員(約3,600人)を対象としたEAP(従業員支援プログラム、Employee Assistance Program)業務を受託しました。2006年12月よりサービス提供を開始いたします。

 ピースマインドは、組織や従業員の生産性向上を目的としたEAPサービス「Peacemind EAP」を通じて、組織や個人のメンタルヘルスに関する問題の解決や、働きやすい職場環境づくりの支援をしています。今回「Peacemind EAP」を導入する丸紅は、CSRの徹底やワーク・ライフバランスの推進に注力しており、社員に対する取り組みの一環として総合的なメンタルヘルス取組体制の構築を進めています。そのための1つの施策として、社員のメンタルヘルスの維持・向上のための窓口を「Peacemind EAP」を通じて提供できるとし、今回のサービス導入に至りました。

 ピースマインドは、組織や個人のメンタルヘルス対策をトータルにサポートしてきた実績とノウハウを活かし、今後も信頼性が高い良質なサービスの提供に努めます。そして、より多くの個人や組織に対して、メンタルヘルスに関する様々な問題解決の機会を提供できるよう、まい進してまいります。

丸紅株式会社 EAP(従業員支援プログラム)の概要
◇対象者      丸紅株式会社 社員約3,600名(2006年11月30日現在)
◇サービス開始日 2006年12月4日
◇サービス内容  ① 専門カウンセラーによる、カウンセリングサービス(※1)の提供
         ② 丸紅株式会社専用ウェブサイトにて、メンタルヘルスに関する情報を提供
         ③ 利用者の相談内容に応じて、提携の専門機関(医療・診療機関等)を紹介

 (※1)カウンセリングサービスの内容 
 1)面 談:直営店舗と全国の相談室において、対面によるカウンセリングを実施
 2)電 話:電話によるカウンセリングを実施
 3)ウェブ:オンライン上でのカウンセリングを実施

◆導入企業:丸紅株式会社 人事部 ご担当者様の言葉
『当社は、CSRや「ワーク・ライフバランス」に資する総合的な取り組みとして、育児・介護に関する支援諸施策やノー残業ディキャンペーンを実施していますが、社員のメンタルヘルスの維持・増進も、その一環として取り組みを強化することとしました。各種E-LEARNING研修、ストレスチェックテストの導入に加え、EAP業界で定評のあるピースマインド社と契約しました。より良い職場環境の実現と充実した社員個々の生活を支援する上で、大いに役立つものと期待しています。』


お問い合わせ