コロナ禍における働き方への対応について 企業や個人が心掛けたいポイントとは

report_eyecatch
 

新型コロナウイルスの流行は、企業経営に大きな影響を与えただけではなく、労働者の働き方にも変化をもたらしました。

充分な準備期間もないまま、時差出勤やテレワークが始まった方もいるでしょう。反対に、職場環境を柔軟に変えられずに、不満を抱えている方もいるのではないでしょうか。  

今回ピースマインド株式会社では、「コロナ禍における働き方の変化と対応」を、2020年8月7日にオンラインセミナーにて実施しました。企業や個人が心掛けたいポイントを、組織ソリューション部の臨床心理士と精神保健福祉士が詳しく解説しています。

 
レポートの内容

・勤務形態の違いで生まれる不公平感の解決

・在宅勤務中のコミュニケーション方法

・業務の疑問や不安の解消法

・在宅勤務でのセルフケア

 
講師プロフィール

守澤 匡平(もりざわ きょうへい)組織ソリューション部 リサーチャー 臨床心理士

五百蔵 真由(いおろい まゆ)組織ソリューション部 ソリューションコンサルタント 精神保健福祉士、公認心理士、健康経営アドバイザー

 

セミナーのより詳しい内容をまとめたレポートをダウンロードいただけます。

詳細レポート(12,015文字)をご希望の方は、下記フォームへ必要事項をご記入ください。
フォームへご記入いただいた方には、資料ダウンロードURLが記載されたメールをお送りさせていただきます。

お問い合わせ