再休職を防ぐためのタイプ別休復職支援セミナーⅡ

report_eyecatch
 
メンタル面の不調により休職した経験がある社員のスムーズな復職と安定的な業務の継続を支援するとともに、再発や再休職を防ぐために人事や管理職が取るべき方法などについて、2020年6月19日にウェブセミナーを実施しました。
 
講師プロフィール

武田 英彦(ピースマインド株式会社 EAPコンサルタント/公認心理師/臨床心理士/国際EAPコンサルタント)
飲食業にて店舗運営スーパーバイザー、番組企画制作会社にてテレビ番組の企画制作を担当。その後、退職し心理系大学院に進学、臨床心理士の資格を取得。国立精神・神経医療研究センターでの臨床検査、東京都知事部局において、職員のメンタルヘルスケアに従事。その後、ピースマインド株式会社に入社。現在はEAPコンサルタントとして、社員と企業向けのコンサルティング業務を担当

 
レポートの内容

0.望ましい休職~復職の流れ

1.再発による再休職を繰り返す社員への対応
- 再発・再休職が生じやすい背景
- 再発・再休職を予防するためには

2.タイプ別の休復職支援方法について
- タイプ①:「大丈夫」と言っていたのに、ある日いきなり欠勤してしまう
- タイプ②:職場では不調だが、プライベートでは元気
- タイプ③:気分と業務パフォーマンスに著しくムラがある

3.WITHコロナ時代における社員への対応
- 「テレハラ」「リモハラ」とは
- 管理職がテレワーク業務において取るべき対応
- テレワーク期間中の復職における課題

4.相談窓口の紹介
- 相談窓口で対応できること
- ピースマインドの相談窓口について

 

セミナーのより詳しい内容をまとめたレポートをダウンロードいただけます。

 

詳細レポートをご希望の方は、下記フォームへ必要事項をご記入ください。
フォームへご記入いただいた方には、資料ダウンロードURLが記載されたメールをお送りさせていただきます。

お問い合わせ